在庫買取、在庫処分はLikeCompanyへご相談下さい。

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、在庫処分はLikeCompanyへご相談下さい。

在庫買取、在庫処分について

2018/10/17 在庫買取、在庫処分はLikeCompanyへご相談下さい。

在庫買取、在庫処分はLikeCompanyへご相談下さい。

 

 

先日、某企業様のアパレルを16万点ほど買取いたしました。

お客様も在庫買取、在庫処分の依頼先に困っていたようで

最終的にLikeCompanyに決めていただけました。

アパレルだけではなく、ブランド品、おもちゃ、化粧品など

LikeCompanyは得意としています。

 

mv03

 

法人様、メーカー様、小売店様等、お客様のニーズに応じて

的確に在庫買取、在庫処分致します。

 

今回のお客様もご要望に応じて柔軟に対応し、すべてクリヤーした上で

アパレルもきれいに流すことができました。

 

アパレル業界(週刊現代)

 

こんな記事を発見しました。

日本人はアパレルでも高価な商品に興味がなくなっているとのこと。

 

アパレルは死へと向かっている。その内部では、何が起きているのか。

上記の記事に掲載されていました。

 

アパレル業界が苦境に陥っているのは、

『消費者の価値観の変化に負けた』から。いまや女性は、

『憧れのモデルが着る高いブランド服』を欲しがらなくなり、

等身大の服を求めるようになっている。

さらに言えば、最近は、限られたおカネを本当に遣いたいものだけに遣う人も増え、

それ以外の支出はなるべく抑える傾向が強まっています。

こうした人には、服は『最低限でいい』『どうでもいい』ものなのかもしれません。

 

確かに現在、アパレルに関してはデザインがよく、しかも安いもの(例えばユニクロ、GU、ZARAなど)が

幅を利かせてる時代になってきています。

 

今までアパレルは作れば売れると言われた百貨店系ブランドはかなりの

苦境に追い込まれているのではないでしょうか。

 

 

アパレルの市場を中心的に支えていたのは主に女性ですが、

景気の悪化もあり、女性たちが社会に出て共働き化が進み、

その結果、女性たちは、働いたり、普段の生活をするための服しか買わなくなった。

ビジネスカジュアルならZARA、パート勤務ならH&Mでいいという具合では?

 

女性たちは着飾る文化から離れ、服は『ファッション』から『生活用品』に変わった。

これが、アパレル苦境のいちばん大きな要因だと思います。

と述べられております。

 

確かにアパレルは流行、季節などで大きく左右され

販売には難しい部分はあります。

左右されることによって、売れなくなり、在庫になり

行き場所を失っていく。

 

LikeCompanyは流行、季節、風潮関係なく、時代の流れに左右されず

在庫買取、在庫処分を引き受けます。

 

業界トップの販路をもち、的確に在庫買取、在庫処分いたします。

 

 

在庫買取、在庫処分はLikeCompanyへまずはご相談下さい。

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP