在庫買取、在庫処分でのブランドイメージを守る方法

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、在庫処分でのブランドイメージを守る方法

在庫買取、在庫処分について

2019/01/11 在庫買取、在庫処分でのブランドイメージを守る方法

在庫買取、在庫処分でのブランドイメージを守る方法

 

自社で生産したブランドの廃盤商品等の在庫をどうやって処分すべきか、

お悩みの法人、メーカー、小売店様はたくさんおられると思います。
在庫買取、在庫処分することによって安価で再流通させてしまい、

せっかく今まで築き上げたブランドイメージを潰すことは必ず避けなければなりません。

ブランドイメージにダメージを与えないで在庫買取、在庫処分をするために気をつけたい点を

説明していきたいと思います。

 

itiba

 

1、再販売方法を考え直す

まずブランドイメージを保持するためには、希少性と高価さがポイントとなりますが

逆に言えば、ブランドが市場に安価で大量に再流通してくると、そのブランドに対するイメージ、企業全体が潰れかねません。

そこで、再販の方法は慎重に検討する必要があります。

例えば、再販に回す商品をブランド名と切り離す、という手段が一つあります。

具体的には、商品をインターネット等で販売する際は、その商品のメーカー名等を完全に伏せて販売することが、

ブランド価値を下げないための1つの対策方法とはなるかと思います。

 

2、再販、流通先を海外にする

上記で述べた内容は1つの手段ではありますが結局はブランドを伏せたとしても

ユーザーの目はごまかしきれない部分が出てきます。

アパレルでしたらデザイン、家電、化粧品、食品など結構厳しいものがありますね。

とにかく商品自体、再販売先には十分に気付ける必要があります。

ブランドを守りたい地域の範囲がどの程度かを認識し

日本国内でのブランドイメージを守りたいという場合には、

再販売先を海外にするといった方法が一番得策です。

特に日本国内において安価で再販売して欲しくない商品は、

何回も流通することを防ぐために海外に再流通先を移すのは一番効果的です。

弊社でも実際に多くのブランド、メーカー、法人様に提案し、

かなりの実績を上げております。

 

JAPAN

 

以上で在庫買取、在庫処分を考えている方へ、ブランドの価値を落とさずに在庫処分をする方法を述べました。

上記で述べたことをしっかり考慮して再販を行っている業者に買取を依頼することを強くおすすめします。

 

 

在庫買取、在庫処分ならLikeCompanyまで

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP