閉店に伴う在庫買取、在庫処分でお悩みの方

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

閉店に伴う在庫買取、在庫処分でお悩みの方

在庫買取、在庫処分について

2019/02/12 閉店に伴う在庫買取、在庫処分でお悩みの方

閉店に伴う在庫買取、在庫処分でお悩みの方

 

 

例えば食品というのは、おいしく食べられるために作られたものです。

製造した段階ですべての食品が、お客様のもとに届き、おいしく食べられることが望ましいのですが、

在庫として倉庫に残ってしまう食品も存在してしまいます。

食品だけではなく、アパレル、化粧品、家電、ブランドなど流行りというのは、さまざまな波があり、在庫として残ってしまうということが、

多々起こってしまいます。

そんなときには、どのように在庫を処分すればよいのでしょうか。

今回は、そういった在庫の処分、買取についてご説明していきます。

 

閉店

 

1.迅速に在庫の買取、処分の依頼を!

食品に例えると、アパレルや家電などと比べ、賞味期限、消費期限という期限があるために、

長期間保存すると、最終的には廃棄という道しかなくなります。

当然に在庫として残っている食品は、早く処分しなければなりません。

賞味期限、消費期限が切れた商品は、商品価値が完全に失われるため、買い取りが不可になることがほとんどです。

また、賞味期限、消費期限が切れていても買取りしている業者もありますが、結構酷いものです。

処分というと、食品を粗末にしてしまっているのでは、と感じられる方もおられるでしょう。

しかし、しっかりとした在庫買取業者に依頼し、処分することは、食品がまたユーザーに届く可能性を高めるのです。

頻繁に在庫の整理を行い、不良在庫であると判断した場合は迅速に、買取業者へ依頼をすることを強くおすすめします。

上記のように食品の在庫処分にはスピードが重要となってきますので

すぐに動いてくれる業者を選んでください。

 

2.再販ルート

食品だけに限らず、アパレル、化粧品、コスメ、おもちゃ等、在庫の処分で、買い取り業者に依頼するときに最も気になることが、

買い取られた商品は、どこに行くのかということではないでしょうか。

商品とって、最も重要なのは安心、安全です。

今まで築いてきた、皆さんの会社の安心、安全のブランドのイメージが、

不法に再販されたなどの理由で一気に崩壊してしまうことが多々あります。

そんな事態を防ぐために、買い取り業者に商品の在庫買取、在庫処分を依頼するときは、

どのように再販されるのか明確にしてもらい、再販方法について希望を聞いてもらえる業者を選ぶと安心ですね。

 

とにかく、在庫買取、在庫処分は早さと安全性を重視し、実績のある買い取り業者であれば、

対応は早く、商品価値が失われてしまう前に迅速に対応されます。

 

LikeCompanyでは様々な案件を扱い、その時々でスタイルを変えその商品に適した対応を

行ってきました。

 

 

在庫買取、在庫処分ならまずはLikeCompanyにまずはご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP