在庫を溜めない対策

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫を溜めない対策

在庫買取、在庫処分について

2019/04/22 在庫を溜めない対策

在庫を溜めない対策

 

法人、メーカー様など倉庫では在庫がどれくらいの滞留在庫になっているのか。

売れると信じ仕入れたが、在庫として残っている滞留在庫に悩んでいられる方はたくさんおられると思います。

いつか売れるという考えでどんどんと滞留在庫が増えていくケースも多いかと思います。

ですが滞留在庫を保持するだけでも、税に対する負担が大きくなり管理などにかかるコストが増えるデメリットがあります。

滞留在庫を溜めないためには、まず売れるという考えから起こる失敗を減らしていくということに注意し、

季節、時期、流行などでなんとなく売れそうというような考えで仕入れる数量や生産数を決めてしまうことは、

かなりの滞留在庫を生んでしまう可能性が極めて高いです。

まずは現在の滞留在庫を見ながら判断し、どのようなものが在庫に残りやすく、

それはなぜかという分析をしっかりと行うことによって、仕入れる数や生産量を見直すことで、滞留在庫を生まない取り組みが

出来るかと思います。

 

ビジネスマン

 

色んな商品を取り扱っている場合、在庫保管倉庫などにまだ販売の見込みがある在庫ともう販売の見込みがない滞留在庫が

混在して保管されることがほとんどです。

こういった場合、残った在庫の保管料が膨れ、経営を圧迫する原因になります。

大量の滞留在庫を生まないために、その管理の原因を明確化することが必要です。

 

一定の期間売れなかった滞留在庫は一か所にまとめて保管し、流動性のある在庫と滞留在庫を分けて管理することによって、

小回りが利きやすくなります。

そして、滞留在庫として何か月保管するかを決めるのも大切です。

滞留在庫であってもまだ売れる可能性がと感じてしまい、長期間処分することができないといったことも起こります。

明確な処分時期を決めることによって、滞留在庫が膨らむことを防ぎ、

さらに、滞留在庫の処分方法も決めることが大切です。

在庫処分セールなど、価格を下げてでも販売するならば、時期などによってそれでも売れ残ったものの処分方法まで決めます。

安売りしてブランドイメージを悪くしたくない場合や、在庫処分セールで売れるようなものではない場合は、在庫買取をおすすめします。

買取業者を選ぶ際は、買い取られた商品をどのように再販するのかを相談できる業者を選んでください。

 

メーカー・商社・倉庫関連、少量、大量、あらゆる商品買い取りに実績をあげております。

御社のブランドイメージ・販路にご迷惑をかけずに、処分方法・販売先・地域の限定・海外処分なども対応させていただきます。

ぜひ弊社におまかせください。

在庫買取、在庫処分なら業界トップクラスのLikeCompanyまで

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP