在庫買取(不良在庫、余剰在庫)にお悩みの方へ。「食品について」

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取(不良在庫、余剰在庫)にお悩みの方へ。「食品について」

在庫買取、在庫処分について

2019/12/27 在庫買取(不良在庫、余剰在庫)にお悩みの方へ。「食品について」

在庫買取(不良在庫、余剰在庫)にお悩みの方へ。「食品について」

 

 

食料品の不良在庫は、常に悩みの種となります。流行に流されやすく、まとめ買いしなければならない食料品は、

不良在庫になりやすい商品のひとつです。しかも賞味期限・消費期限があるため、いつまでも在庫として抱えておくわけにもいかず、

仕方なく処分してしまった方も多いのではないでしょうか。

 

賞味期限・消費期限を過ぎていない早い段階であれば、食料品の不良在庫を処分する方法はいくつもあります。

まだおいしく食べられる食料品なのですから有効に処分したいですし、少しでも換金したいところです。

食料品の不良在庫も資産として計上されるので、税金の問題も起きます。

 

そこで抱えてしまった食料品在庫の3つの処分方法についてお知らせします。

 

 

食品」

 

 

① 自社の割引セールを行う。

例えばスーパーなどでは賞味期限・消費期限が近づいた商品を割引するタイムセールを行っています。

ネット通販でも期限が近づいた品、中身やパッケージが割れているといった訳あり品などを割引で販売します。

自社で割引セールを行うのは、食料品の不良在庫を処分する方法としてよく使われる手段です。

 

しかしどんどん売れて在庫がなくなる食料品がある一方で、ほとんど売れなかった食料品は不良在庫として残ってしまいます。

つまりこの方法は売るときの手間等人件費がかかる点や売れ残りが出てしまう点が問題です。

すばやくすべてを処理したい場合は難しい方法といえます。

 

 

 

② 家畜の飼料にする。

割引セールで捌けない場合や、賞味期限・消費期限が間近に迫っている食料品の不良在庫は、家畜の飼料に使うという方法もあります。

 

これはリサイクル業者が食料品の不良在庫を買い取り、加工して家畜の飼料にするというもので、

食料品の不良在庫を有効活用できますが、買取価格は安く、種類によっては買い取ってもらえない食料品もあります。

最終的に廃棄処分するのもひとつの手ですが、仕入れ・保管の費用、

さらに処分費用もかかり、経費の面でも大きな損失となります。

 

 

 

③ 食料品の不良在庫を買い取ってくれる買い取り業者に依頼する。

おすすめなのが、専門の買取業者に買い取ってもらう方法で、確実に食料品の不良在庫を処分できるだけでなく、

食料品の不良在庫を有効活用するノウハウも業者は持っていますのでそれなりの値段がつきます。

 

生鮮食品や賞味期限・消費期限が過ぎてしまった食料品は難しいですが、それ以外の不良在庫であれば、

バラバラでも急ぎでもまとめて買い取ってもらえれば在庫を一気に処分することができます。

 

だから賞味期限・消費期限が切れる前に、食料品の不良在庫は買取業者に買い取ってもらうのがスピーディーで

納得の行く価格で買い取ってもらえるおすすめの方法といえます。

 

 

 

食料品の不良在庫の処分はスピードが命

 

食料品の不良在庫を処分するにあたって重要なのは、賞味期限と消費期限です。この2つの違いをまとめると以下になります。

 

・賞味期限:美味しく食べることができることを保証する期限

 

・消費期限:健康を害さず、安全に食べることができることを保証する期限

 

このように意味はまったく違いますが、賞味期限も消費期限も切れてしまうと、たとえ食品専門の買取業者でも買い取ってもらえない可能性が非常に高くなります。最終的には廃棄処分にせざるを得ませんから早い決断が必要となります。

 

買取業者にとっても、賞味期限・消費期限までの期間が長いほど、買い取った後の再販売がしやすくなりますから、早い段階で依頼すれば買取価格が高くなる可能性があります。とにかくスピードが大事です。

 

 

 

安心して不良在庫を処分するために

 

食料品はやはり人の体に入るものですので、買取業者に不良在庫を処分してもらうことに不安を感じるかたもおられるかと思います。

回収した賞味期限・消費期限切れの食料品の不良在庫を賞味期限・消費期限を改竄した上で流通させていたことが大きなニュースになっとこともありました。

買取業者はもちろんですが、非難の目は依頼した側にも向けられ、責任問題に発展する可能性もあります。

だからこそきちんと信頼できる買取業者を選ぶ必要があります。

実際には前述のような悪徳な買取業者よりも、信用や信頼を大事にするきちんとした買取業者の方が多いのは間違いありません。

信頼できる買取業者は、買い取った食料品の不良在庫の処分の方法を明示していますし、

販路も充実しています。過去の買取実績を公開している買取業者もありますので参考にしましょう。

 

 

 

まとめ

 

抱えてしまった食料品の不良在庫を処分する方法や、買取業者に買取を依頼する時に気を付けなければならない点をお伝えしました。

 

・食料品の不良在庫を処分する方法として「割引セール」「家畜の餌にリサイクル」「買取業者に依頼」という方法がある。

・食料品の不良在庫でも買い取ってくれる買取業者もあり、信頼できる業者であればメリットは非常に大きい。

・食料品の不良在庫は、賞味期限・消費期限があるため、早めの処分を心がけましょう。

・買い取った食料品をきちんと扱ってくれる、信頼できる買取業者に依頼しましょう。

 

当社(Like Company)では食料品に限らず、様々な商品を国内・海外に流通させております。

当社の様々な販売ネットワークを活かし、お客様の経営の安定化に貢献します。

 

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP