在庫処分、在庫買取のコロナ過の現状

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫処分、在庫買取のコロナ過の現状

在庫買取、在庫処分について

2020/11/19 在庫処分、在庫買取のコロナ過の現状

在庫処分、在庫買取のコロナ過の現状

 

幅広い販路の利用で、どんな在庫にも対応できます。

他社で買取不可だった商材もご相談ください。

法人買取、在庫処分の注意点
商品に応じた全国規模の販路と、他社にマネできない売買システムで、
さまざまな業種の在庫に付加価値をつけて次のマーケットへ。
法人買取、在庫処分になると、個人からの買取よりも扱う量が膨大になり、
その分買取金額も高額となってきます。
そのために問題が発生しないためにも、初めて利用する場合は、
法人在庫買取、在庫処分の流れについてしっかりと把握しておく事をオススメします。
ですので法人在庫買取、在庫処分の流れをご説明いたします。
コロナ
ビジネス人
法人在庫買取、在庫処分の流れ
在庫過剰、余剰などを理由に、法人買取してもらいたい場合、
何からすればいいのか気になる部分になります。まず、法人買取をしている業者を選ぶことからスタートします。
買取業者によって取扱いジャンルが得意、不得意があったり、買取の条件が様々ですので、
いろいろと融通を効いて頂ける買取業者を選ぶ事がポイントとなります。
複数に買取依頼をして、見積もりして頂いて、比較しお願いすることも
いいとは思いますが一方、逆効果の場合もあります。
買取業者の多数は買取後の商品の行き先も探しますので
他へ商品ではなく情報だけが行き来しブランド自体の価値を
低下させる業者がほとんどです。
情報だけが行き来しますと一緒に在庫商品の悪評もくっついてくるものです。
ですので、買取業者はしっかりとした見極めが一番大事です。
LikeCompanyではそのブランド価値を維持したまま、次に流通させます。
後先考えない買取業者とは違い、ブランド価値を維持することによって
様々なメリットが出てきますので
業界トップの販路を持つ在庫処分のプロ集団にぜひおまかせ下さい。
買取可能な商品
アパレル(衣類)、靴、バッグ、ブランド品、時計、化粧品、コスメ、おもちゃ、
フィギア、家電、メディア、スポーツ、ゴルフ、パソコン、カメラ、ベビー用品、
ゲーム、DVD、雑貨、食品、飲料等など基本的に全般買取対応しております。
 
 
在庫と利益の関係は?在庫が利益につながるカラクリ
 
在庫と利益の関係とは?
 
売上総利益を求めるために、期末に残っている在庫は売上原価を計算するうえで除く必
要がある
 
期末在庫を仕入れから除くため、期末在庫の分だけ売上総利益が大きくなる
資金繰りのためにも、できる限り在庫を少なくすることが重要である
今まで様々な在庫買取や在庫処分をしてきましたが中には
黒字なのに資金が回らないパターンをたくさん見てきています。
なぜなのでしょうか?
まずは在庫と利益について触れていきたいと思います。
 
仕入れ、売上原価、在庫の3つの関係性ですが
仕入れた商品の中で
 
販売済み商品の仕入額=その年の売上原価
売れ残り商品の仕入額=その年度末在庫(棚卸資産)
 
売れ残り商品は、棚卸資産として資産に含まれます。翌年以降のためのキャッシュを
増やすための資産となります。
 
売上原価は損益計算書、在庫は貸借対照表に表示することになりますが
そもそもいつ、在庫は利益として計算されてくるのか
まず、売上原価は販売されたそれぞれの商品に紐づけられるコストです。
 
つまり、商品が実際に販売されて、対応する売上高が計上されるとき、その商品の仕入額も売上原価として計上します。
売上原価は費用の1つであるため、その年の利益(=収益-費用)の計算に関わります。
一方で販売されなかった商品は在庫として、翌期に繰り越されますが、
 
その後、販売され売上高が計上された時に、はじめて売上原価に変わります。
なので、販売されるまで、在庫は利益計算の表には出てきません。
どれだけ仕入れても、販売されない限り、在庫として抱えている限りは、
損益計算書に費用として計上することはありません。
売れ残り続けていれば、利益を計算する基礎にはなりません。
そのために損益計算書では黒字でも、その裏では過剰、余剰な在庫、商品の仕入により、
たくさんのお金が流れ出ていることもありえてきます。
会社側の予測に反して、売れ行きが不調なケースなどが当てはまります。
商品の在庫の販売状況が好転すれば問題はないとは思いますが
中々、難しい面も出てきます。
売れなかった在庫が意味することとは
例えば、商品の流行が過ぎてしまった、仕入れから時間が経ち過ぎ、
商品自体が傷んできたり、食品なども賞味期限があります。化粧品、コスメでも消費期限も存在します。
時間が経つにつれて想定していた販売価格で売ることが難しくなってきます。
 
損益
 
そうなる前に資産としての価値を下げないために在庫買取、在庫処分のプロ集団LikeCompanyが存在します。
在庫を長時間持つことは会社、企業にとってマイナスしかありません。
損失を出すということは利益を減らすことになるからです。
在庫を残すことによってそこにはいらない経費などもくっついてくるので
メリットはありません。
 
買取可能な商品
アパレル(衣類)、靴、バッグ、ブランド品、時計、化粧品、コスメ、おもちゃ、
フィギア、家電、メディア、スポーツ、ゴルフ、パソコン、カメラ、ベビー用品、
ゲーム、DVD、雑貨、食品、飲料等など基本的に全般買取対応しております。
世界中で深刻な食品ロス(フードロス)とは?
閉店に伴う在庫買取、在庫処分でお悩みの方
世界での食品ロスも大きな問題ですが、日本国内でも相当量の食品ロスが生まれています。
日本では2016年の食品廃棄物が年間2,842万トンも出ており、そのうちの646万トンが食品ロスとされています。
そして、その中でも289万トンは家庭から出た食品ロスであると報告されているのです。
 
この問題は餓飢ゼロを掲げる持続可能な開発目標,食品ロス削減は、
国連が掲げる「SDGs(持続可能な開発目標)」でも重要課題に掲げられ、
目標2の達成においても日本、そして世界が一丸となって解決すべき課題となっています。
 
食品というのは、製造した段階ですべての食品が、お客様のもとに届き、
おいしく食べられることが望ましいのですが、まだ食べられるのに廃棄処分されてしまう
「食品ロス」を削減しようと、食品の賞味期限表示を日単位から月単位に変更する企業が増えている。
 
食品ロスを削減するため、日本では2つの法律が設けられています。それが食品ロス削減推進法と食品リサイクル法です。
在庫として倉庫に残ってしまう食品も存在してしまいます。
食品だけではなく、アパレル、化粧品、家電、ブランドなど流行りというのは、さまざまな波があり、在庫として残ってしまうということが、
多々起こってしまいます。
 
そんなときには、どのように在庫を処分すればよいのでしょうか。
今回は、そういった在庫の処分、買取についてご説明していきます。
 
閉店
 
1.迅速に在庫の買取、処分の依頼を!
食品に例えると、アパレルや家電などと比べ、賞味期限、消費期限という期限があるために、
長期間保存すると、最終的には廃棄という道しかなくなります。
当然に在庫として残っている食品は、早く処分しなければなりません。
 
賞味期限、消費期限が切れた商品は、商品価値が完全に失われるため、買い取りが不可になることがほとんどです。
また、賞味期限、消費期限が切れていても買取りしている業者もありますが、結構酷いものです。
処分というと、食品を粗末にしてしまっているのでは、と感じられる方もおられるでしょう。
しかし、しっかりとした在庫買取業者に依頼し、処分することは、食品がまたユーザーに届く可能性を高めるのです。
頻繁に在庫の整理を行い、不良在庫であると判断した場合は迅速に、買取業者へ依頼をすることを強くおすすめします。
上記のように食品の在庫処分にはスピードが重要となってきますので
すぐに動いてくれる業者を選んでください。
 
2.再販ルート
食品だけに限らず、アパレル、化粧品、コスメ、おもちゃ等、在庫の処分で、買い取り業者に依頼するときに最も気になることが、
買い取られた商品は、どこに行くのかということではないでしょうか。
商品とって、最も重要なのは安心、安全です。
今まで築いてきた、皆さんの会社の安心、安全のブランドのイメージが、
不法に再販されたなどの理由で一気に崩壊してしまうことが多々あります。
そんな事態を防ぐために、買い取り業者に商品の在庫買取、在庫処分を依頼するときは、
どのように再販されるのか明確にしてもらい、再販方法について希望を聞いてもらえる業者を選ぶと安心ですね。
 
とにかく、在庫買取、在庫処分は早さと安全性を重視し、
実績のある買い取り業者であれば、対応は早く、商品価値が失われてしまう前に迅速に対応されます。
 
LikeCompanyでは様々な案件を扱い、その時々でスタイルを変えその商品に適した対応を行ってきました。
 
 買取可能な商品
アパレル(衣類)、靴、バッグ、ブランド品、時計、化粧品、コスメ、おもちゃ、
フィギア、家電、メディア、スポーツ、ゴルフ、パソコン、カメラ、ベビー用品、
ゲーム、DVD、雑貨、食品、飲料等など基本的に全般買取対応しております。
 
 在庫買取、在庫処分ならまずはLikeCompanyにまずはご相談下さい。
年末年始にコロナ不況対策は閉店、倒産の強い見方
 
在庫買取、在庫処分は閉店、倒産の強い見方
 
年末年始にコロナ不況対策の経済支援金が次々と期限を迎える。ところが、菅政権は国
民に安心を与える新たな一手を打とうとせず、相変わらず、「自助」を強調し、的外れ
の政策に終始したままだ。年末の「経済危機説」が現実味を帯びる。
アパレルのブランドを立ち上げたがアパレルが売れず大量に残ってうまくいかない。
化粧品の会社を立ち上げたが化粧品がうまく売れず撤退する。
資金繰りがうまくいかず、在庫だけが残ってしまい閉店に追い込まれている。
等など様々な理由があると思います。
 
倒産
 
しかし倒産、閉店の際に頭を悩まされることとして挙げられるのは、
倒産、閉店にともなう在庫の行き先、すなわち処分方法ではないでしょうか。
そこで今回は倒産、閉店時の在庫買取、在庫処分の方法についてご説明していきます。
 
 倒産、閉店における在庫買取、在庫処分の方法は?
 
倒産、閉店をする際の在庫買取、在庫処分の方法としてここでは3つの方法をご説明します。
1.廃棄
 
在庫の処分方法の一つとしては、在庫を廃棄してしまうことです。
廃棄する在庫の量が多い場合、廃品回収業者を利用するとスムーズに作業が行えますが
廃棄する際は決算の税務調査のために、依頼した業者から証明するものとして
領収書や破棄した在庫のリストを保管しておかないといけません。
そして、費用もかかってきます。
 
2.セールで売る
倒産、閉店に際してセールで大売り出しをすることも方法としてありますが
在庫として残っていると処分する際にも費用が掛かってしまうことがあり、
しかし、セールで売ることによって少しでも収益を上げることはできます。
でも、セールで売る場合には自社商品のブランドイメージはもちろんのこと、
他社商品を扱っている場合はそのブランドイメージを毀損させる恐れがありますので
注意しなければなりません。
 
3.在庫買取、在庫処分の専門業者に依頼する
倒産、閉店の時に残った在庫を在庫買取、処分業者に買い取ってもらう方法です。
在庫買取、在庫処分業者に依頼すると、在庫を買い取ってもらえるので、
本来お金を払い、捨てることしかできなかったはずの在庫が場合によっては高値で買取してもらえる可能性も十分あります。
もちろん、買取の値段は在庫の商品によって異なります。
また、在庫買取業者は大量の在庫を買い取る専門です。
そのため、買い取りの対象外である商品についても処分してもらえる可能性もあります。
 
転機
 
倒産、閉店時の在庫買取、在庫処分の方法について、
廃棄、セール、そして業者に買い取ってもらう方法の3つをご説明しましたが
在庫買取、在庫処分業者に買い取ってもらう方法が、手間も費用もかからず得策です。
LikeCompanyでは倒産、閉店時の買取は、同じ商品が多数ある場合や、
企業、メーカー、小売店の倒産、閉店商品をまるごと回収し新たに流通させていくサイクルは業界トップです。
そのため、多くのお客様に安心していただいております。
もちろん、買取後の再販売方法についてもお客様の要望を第一に尊重し
買取させて頂きます。

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP