化粧品、コスメ、美容の買取について(法人)

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

化粧品、コスメ、美容の買取について(法人)

化粧品 法人在庫買取、在庫処分について

2018/10/29 化粧品、コスメ、美容の買取について(法人)

化粧品、コスメ、美容の買取について(法人)

 

LikeCompanyでは現在、化粧品、コスメ、美容の買取に力を入れております。

 

目標、売り上げを調整したい法人様は多くおられます。

毎月多くの取引会社様とお取引をさせて頂く中で、

月末・決算時の在庫調整をさせて頂いております。

 

在庫処分を安全かつ速やかに行うため、法人様、企業様、小売店様などの

秘密厳守は当然でありながら、やはり一番気にされるところは

ブランドイメージの崩壊です。

 

LikeCompanyでは他の買取店とは違い、大量の案件も消化でき、

ブランドイメージも崩さず、安全に依頼していただけます。

化粧品、コスメ、美容だけに限らないのですが

ブランドイメージが崩れるということは商品価値がなくなることと一緒で

たいてい、買取業者は後のことを無視し、むちゃくちゃな売り方をするところが

ほとんどです。

 

09194d065abf55298313c4ea53137034_s

 

ここで化粧品、コスメ、美容だけではありませんが、在庫の保有のメリット、デメリットについてお話します。

 

メリット

 

受注後すぐに納品できる、品切れを防ぐことができる(欠品の回避、受注機会損失の回避)

需要が急に増加しても、在庫でまかなえる(需要変動リスクへの対応)

顧客が店頭で現物を手に取ってみてから購入できる(顧客の安心度向上)

万一、流通途中での破損や不具合の発生、

顧客からの交換要求やクレームなどがあっても、

すぐに代品が提供できる(トラブルへの迅速な対応)

 

デメリット

 

事業や商品の特性によってですが、業務を円滑に進めるためには、ある程度の在庫は必要なのですが

過剰に持つことによって、原価の販売や廃棄によって収益悪化が生じます。

よく相談されるのが売れ行き以上に生産してしまった商品などの過剰在庫、余剰在庫です。

依頼されるまで安売りしたり、廃棄を考えたりと様々です。

当初見込んだ売上や利益が得られないばかりか、

投入した資金の元本も回収できず、損失が発生し、収益の悪化を招いてしまいます。

 

一般的には、在庫は保有しているうちに品質が劣化し、商品価値が低下します。

また、品質は変わらずとも、売れ残っている間に商品自体が時代遅れとなり(陳腐化と言います)、

商品価値が低下してしまいます。

これも廉価販売か廃棄することになり、損失が発生します。

当然のことですが、在庫には保管場所が必要となり、

いくら倉庫に余裕があるとは言え、在庫が増えて床や通路に置くようでは、

作業性や管理精度が低下します。

在庫が置ききれず、ほかの倉庫を借りるようになれば、

新たに管理の人員と費用が必要となります。

モノには必ず運搬がともないます。

工場から倉庫へ、倉庫から販売店へ、また、売れ残ったときには販売店から倉庫への返品や、

倉庫間の横もちも発生します。

しかし、在庫の運搬自体は付加価値のない無駄な作業です。

運搬以外にも、入れる(入庫)、出す(出庫)、数える(棚卸)といった付帯作業も必要になりますが、

これらもやはり付加価値を生まない作業です。

必要以上の在庫をもってしまうと、これら無駄な運搬や付帯作業が雪だるま式に増えていくことになります。

在庫には保管場所が必要ですが、倉庫の賃借料、光熱費、保険料、固定資産税などの経費がかかります。

また、在庫は運搬や付帯作業を伴いますが、そのための輸送費、人件費が必ずかかります。

さらに最終的に廃棄すれば、廃棄のための輸送費用、処分費用もかかります。

このような過剰となった在庫は、その生産に要した電力やそのほか資源、運送に要した燃料など、

多くのエネルギー資源の浪費にもつながります。

在庫は棚卸資産であり、その企業の資金が形を変えたものです。

在庫を抱えるということは、自由に使える資金が減る、つまりキャッシュフローが減少し、

その企業の資金繰りを圧迫してしまうことになります。現金としてもっていれば、流動性も高く、

他分野への投資や運用のチャンスもありますが、在庫として資本を固定化してしまうと、そ

の資本からの利益率はゼロとなり、金利の負担がより重くなります。

企業の経営管理・経理部門としては、資本の固定化を避け、キャッシュフローを増加させることが重要な目的であり、

そのためには、まず過剰な在庫を減らすことが、自社内ですぐに取り組むことができる、優先度の高い手段になります。

 

こういったことからLikeCompanyではこれらの問題を解決させます。

業界トップの販路からブランドイメージを崩さず、在庫買取、在庫処分し、

事業の維持、拡大を進めます。

化粧品、コスメ、美容だけではなく、アパレルからおもちゃまで在庫買取、在庫処分いたします。

 

化粧品、コスメ、美容の買取ならLikeCompanyまで

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP