倒産などによる在庫処分方法

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

倒産などによる在庫処分方法

在庫買取、在庫処分について

2019/06/14 倒産などによる在庫処分方法

倒産などによる在庫処分方法

 

 

「経営が悪化し事業をやめるので在庫品を処分してほしい。」

事業をたたむときには、一番にこういった問題がでてきます。
そこで今回は、倒産に伴う商品の処分方法を説明していきます。

 

不景気

 

1.セールを利用した在庫処分

できるだけ、閉店セールを利用して残っている在庫をすべて売ってしまう。
ですが、在庫品をすぐにでも処分したい気持ちが先に出て、いきなり大幅な値下げで販売しがちになってしまいます。
ぜったいにまずは低割引からスタートし、売れ行き次第で徐々に値段を下げていくことをおすすめします。
いきなり半額から始めてしまっては、本来の得られる利益の部分が少なくなり、

売れ残る商品がそれ以上割引することができず、お客様への購買意欲を損なう恐れがあります。
できるだけセールで売り切った後の残りを処分するように意識することが大事です。

 

2.在庫の廃棄

廃業や倒産、閉業される場合、全ての在庫を処分する必要がありますので在庫を処分しなければなりません。
実際に売れ残った商品は廃棄するしか方法がないと思うお客様は非常に多いです。
もちろん廃棄によって商品を処分することが出来ますが、全ての商品を廃棄業者に依頼すると処分する量におおじてかなりのお金がかかります。
確かに廃棄業者に依頼するのは安全とは思われがちですが、近年無料回収と謡っている業者ですら色んな部分で費用を請求してきたり

在庫を引き取り後に請求してくるパターンもあり、そういう悪徳業者とトラブルになるケースが後を絶ちません。
しっかりと会社の身元や資格を確認した上で、安心して利用できる業者であるかを確認しながら依頼することを

お勧めします。

 

3.在庫買取業者への依頼

廃業や倒産、閉業による在庫、倒産品を処分するためにもっともお勧めできるのが在庫の買取業者です。
買取ですので、廃品業者に依頼して多額なお金を支払うより、買取依頼し少しでも現金化されたほうが越したことはありません。
閉業や倒産をする場合であっても、自身の会社の在庫がゴミとして廃棄されてしまうより、買取の業者に商品として買取されるほうが

気持ち的にもすっきりすると思います。

LikeCompanyでは閉店や倒産による相談、依頼が年間数多く寄せられ

対応してきております。

私たちはこういった案件だけではなく様々な問題と向き合い、解決に向けて

サポートしております。

 

在庫買取、在庫処分ならまずはLikeCompanyまでご相談下さい。

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP