在庫買取、処分の依頼はお任せ下さい。

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、処分の依頼はお任せ下さい。

在庫買取、在庫処分について

2019/11/29 在庫買取、処分の依頼はお任せ下さい。

在庫買取、処分の依頼はお任せ下さい。

 

 

 

 

一般的な決算時期には相当な件数の在庫買取、在庫処分のご相談やご依頼があります。

理由としては様々な物があり、一番多いのは、管財人からの依頼や閉店に伴う在庫買取、在庫処分や、春からの心機一転などの理由で、かなりの相談や依頼があります。

 

一つだけ確かに言えることは、リニューアル時や閉店等によって余剰在庫を持ってしまうと、小売店、メーカー、法人様にとっては大きなデメリットしかなくなる、ということです。

 

在庫買取、在庫処分を今後、依頼していく中で余剰在庫を持つことがどういうことなのか、しっかりと把握して頂きたいと思います。

 

在庫処分の最善の方法としてはやはり、業者に在庫買取、在庫処分してもらうことが良いのですが、在庫買取を依頼するタイミングや買取業者に依頼するメリットやデメリットについて今回は説明していきたいと思います。

 

 

hinnto

 

 

 

 在庫を抱えるリスク

 

法人、メーカー、小売店様にとって余剰在庫が増えることは、会社におけるキャッシュフローがマイナスに落ち込むことに繋がります。

在庫を多く持つと品切れや欠品が防止できる反面、在庫は現金(キャッシュ)と違って流動性が低いと言えます。

キャッシュフローがプラスになることを前提としている経営側からすれば、過剰な在庫を減らし、余剰在庫を抱え込まないことが法人としての本来の目的になってくるのではないでしょうか?

 

在庫として過剰に保有している商品は、時間が経つにつれ、商品の品質がいずれ劣化していきます。

 

確かに商品管理をしっかりしていれば商品の品質の低下を防ぐことは出来るかもしれません。ですが在庫を長期間保有していればいるほど、世の中では続々と新しい商品が開発、製造、販売され、商品自体が流行から外れ時代の波に乗れなくなってしまいます。

 

そうやってトレンドに乗れなくなる前に、法人からすればあらかじめ対策を講じて解決に必要な処置を取りたいところでもあります。

 

トレンドに乗れないようにならないための対策としては実際色々ありますが、やはり一番いい方法は買取業者に依頼することです。

 

ですが、買取業者にも様々ありますので、事前に相談しながら今後どうするかを考えていくのが良いと思います。

 

中には、商品がどうなるかという結果のことを余り考えないで商品自体を極端に安く買い取っている業者もあり、その商品がそのまま一般のユーザーへと安価に販売されたため、商品自体のブランド価値、企業イメージが損なわれ、会社経営が危機に追い込まれた法人様を我々は幾つも見てきました。

 

 

 

LikeCompanyでは商品の価値を見極め、企業財務の改善にしっかりと繋げます。

 

それぞれの商品に合った流通先を選び出し、新たな商品として流通させていきます。

 

 

 

まずは在庫買取、在庫処分のプロ集団LikeCompanyまでご相談下さい。

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP