アパレルの法人在庫買取、在庫処分について

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

アパレルの法人在庫買取、在庫処分について

アパレル在庫買取、処分について

2018/10/04 アパレルの法人在庫買取、在庫処分について

アパレルの法人在庫買取、在庫処分について

 

現在、日本国内でアパレルの売れ残りは約15億5000万点程ある中で

衣料消費と余剰在庫の数値検証を改めて行ったそうで、

その結果は怖すぎる現実を裏付けるものだったそうです。

アパレル流通はとうに破綻しているといわれております。

 

こちらを参照(livedoor)

 

 

1d9e01520376027af47103bf5028f87b_s

 

 

売れ残り衣料は「アパレル中古衣料」としてトン幾らで売られていく運命で、

17年は推計14億5500万点が売れ残って輸出量は24万3000トンにも上ったが、

点数に換算すると8億~9億点と推計されています。

 

消費者が放出したアパレル中古衣料も含まれるから全部が業界放出の売れ残り在庫とはいえないが、

リセール価値がないと輸出の旨味がないから大半は“新古”の売れ残り在庫と見るべきだろう。

加えてアパレルメーカーは平均して15%ほど、小売店もその半分ほど期越えの売れ残り在庫を抱えるから、

商社など受託製造業者が抱えるキャンセル品や未引き取り品まで加えれば、その合計数量はバックリだが7億点は下らないでしょう。

 

これを合わせれば15億~16億点と年間の未消化在庫数量を上回るが、

消費者放出のアパレル中古衣料を差し引けばほぼ近似する。

業界の抱える売れ残り在庫や未引き取り在庫も最終的には焼却処分されるかアパレル中古衣料として

輸出されるから輸出数量と重複する部分もあるとはいえ、

やはり、アパレルはバーゲンしてもファミリーセールを繰り返してもアウトレットで叩き売っても過半が売れ残るのは本当のようで、

都市伝説じゃなくて数字の裏付けのある恐い現実です。

 

 

その中でもLikeCompanyはアパレルも含め、多彩な商材を在庫買取、在庫処分を量問わず、

ブランド価値を維持しながら企業様、法人様、小売店様を事業再構築してきました。

LikeCompanyだからこそ出来ることで、そういった販路がないと出来ることではありません。

日々様々な業者様、メーカー様から在庫買取、在庫処分を依頼されています。

 

LikeCompanyはアパレルだけではなく在庫にまつわる様々な問題点に対して、最適なソリューションを提供します。

 

 

 

アパレルの法人在庫買取、在庫処分ならLikeCompanyにご相談下さい。

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP