不良在庫処分にお困りの法人、メーカー、小売店様へ

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

不良在庫処分にお困りの法人、メーカー、小売店様へ

在庫買取、在庫処分について

2018/12/31 不良在庫処分にお困りの法人、メーカー、小売店様へ

不良在庫処分にお困りの法人、メーカー様へ

 

 

余剰在庫、不良在庫にお悩みではありませんか?

不良在庫、余剰在庫は、処分しなければならないと思いながらも、

ついつい現実から目をそむけたくなるものです。

でも、不良在庫はただ単に売れ残っている在庫品ではありません。

時間も経ち、売れる見込みもなく、ずっとためていることで企業の経営にも悪い影響を与えていきます。

そんな不良在庫の悩みを解決したいという法人、メーカー、小売店様へ、

今回は、不良在庫の処分の仕方をご紹介します。

 

 

biz

 

1.廃棄

あまりおすすめしません。

たとえ不良在庫と判断しても、廃棄してしまうのにはかなり抵抗があります。

でも、在庫は持っているだけでもコストがかかってきます。

シーズン遅れの衣類、アパレルや賞味期限切れ間近の食品、使用期限が間近の化粧品など、

もう廃棄するしかないものは、しっかりとした手続きに従い、速やかに廃棄してしまわなければいけません。

しかも物によれば高い費用を支払い処分しなければなりません。

 

2.在庫処分を用いたセールを行う

この方法も可能ですがブランドのイメージが低下する恐れがあります。

利益がとれない価格でもとにかく売り切ってしまう。

在庫処分セールを行っているお店は多く見かけますが

販売が可能な商品であれば、在庫処分セールで売るというのは、

一般的に見られる一つの手段ではあります。

 

3.在庫買取業者へ依頼する

最もおすすめの不良在庫の処分方法として、しっかりとしたもっとも信用できる業者に

買い取りを依頼することが挙げられます。

国内での再販はしてほしくない、安売りしないでほしい等、融通が利く買取業者を

強くお勧めします。

ブランドイメージを低下させることなく、不良在庫を処分することができます。

しかも廃棄するしか方法がないと判断されそうな不良在庫でも、

買い取りが可能なものはたくさんあります。

ホームページを見たり、直接問い合わせしたり、どんなスタイルで在庫を買取ってくれるのか、

買い取り可能な商品であるのかを確認し、

条件に当てはまる場合は、買取業者へ買い取り依頼をするのがもっとも最適な不良在庫の処分方法です。

 

kaiketu

 

今回は、不良在庫、余剰在庫の処分方法として紹介しましたが

もちろん、不良在庫を作らないことが一番大事です。

そのためには、しっかり在庫管理し、適正な在庫の量を保てるように、

定期的に見ていくが必要です。

 

まずは気軽にLikeCompanyまでご相談下さい。

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP