在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリット

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリット

在庫買取、在庫処分について

2019/01/17 在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリット

在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリット

 

 

現在、会社に在庫を放置しておられるメーカー、商社、法人、小売店など多数おられると思います。

決算時に在庫がたくさん存在すると損をする可能性が出てきます。

LikeCompanyとして決算の前に在庫買取、在庫処分を行うことを強くおすすめします。

今回は決算前に在庫買取、在庫処分を行うことで得られるメリットについて

説明していきます。

 

決算

 

まず、在庫を減らす理由として

総資本利益率を向上させることは、同じ利益率の場合、

総資本が少なければ少ないほど、ROA(Return on Assert)が上がります。

このROAとは、起業の経営成績をシンプルに表してくれる指標のことを指します。
そのためこの数字を意識することで資産を圧縮しようとする動きにもつながります。

そこで、売上原価を大きくして、利益の圧縮を行っていきます。

売上原価自体は、機種在庫+当期仕入−期末在庫という式で計算することができるので、

期末在庫が少なくなると売上原価は増加します。

売上原価が増えると利益が減ることになります。
そうなることによって、納税額を減らすことにつながります。

在庫が減ると、棚卸作業も減り、コスト削減にもなりますね。

 

次にキャッシュフローの観点から見ると

通常の在庫は利益を生むためにキャッシュを寝かせている状態だと考えることができ、

不良在庫は将来利益を生み出す可能性がないキャッシュを眠っている状態だと考えることができます。

不良在庫は、保有期間が長いほど値崩れが進み、コスト、経費だけが増えていってしまいます。

 

在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリットとして、

1.不良在庫が資金に変わることによって、先立つ資金を増やすことができて資金繰りの改善につながる。
2.不良在庫を赤字でも販売することによって、節税・税金対策をすることができる。
3.不良在庫を処分することにより、決算書上の在庫回転期間が短くなって、金融機関からの評価を高めることができる。
4.銀行からの融資を受けている場合は借入金の返済をすることが可能となり、金利負担によるコストの低減にもつながる。
5.店舗展開を多数行っている場合は、在庫管理コスト、時間、手間の低減になる。
6.在庫を資金化することによって、より利幅の大きな商品の仕入を行うことが可能。
7.時間の経過によって発生する不良在庫のさらなる販売価格の低下による赤字幅の増加を食い止めることができる。

以上で在庫買取、在庫処分が決算前に行うことで得られるメリットとして

あくまでも例で説明いたしましたが、中にはもっと複雑な問題が多数存在します。

 

まずはアパレルから化粧品まで何でもこなす在庫買取、在庫処分のプロ集団LikeCompanyまでご相談下さい。

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP