在庫買取、在庫処分をお勧めする時期とは!?

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、在庫処分をお勧めする時期とは!?

在庫買取、在庫処分について

2019/03/20 在庫買取、在庫処分をお勧めする時期とは!?

在庫買取、在庫処分をお勧めする時期とは!?

 

 

在庫は抱えれば抱えるほどよいみたいなお考えの方が結構おられるのですが
確かに在庫を保有していれば会社の財産、資産にもなりますが、

財産、資産であるがゆえ税金が必要であることはご存知ですか?
実は在庫は抱える時期によっては会社の大きな負担になることも十分にあるのです。

在庫には実は税金がかかってくるのです。

なぜ税金がかかってくるのか驚かれるかもしれませんが

在庫として持っている部分はまだ利益が発生していないから

税金はかからないのではないか?と思いがちですが

在庫としての価値はゼロではないので処分、

廃棄されることなく、存在しているので売れる見込みはある、

という在庫の価値に対して課税されているのだと

認識できます。

 

決算2

 

 

では在庫買取や在庫処分に一番適した時期というのが

必然と分かってきます。

決算期末に残った在庫には当然に税金が掛かってくるとなると

決算前に在庫買取、在庫処分を依頼することが

もっとも適すことになります。

 

在庫が増えれば増えるほど利益が出るとみられるため、そして在庫が増えるほど税金も高くなってきますね。

そして決算期を過ぎてから期末日前に在庫処分したことにすると粉飾決算となりますので

十分に気をつけなければなりません。

 

期末が近づくにつれ、来季以降の売り上げの予測も立てていかなくてはいけません。

必要な在庫はしっかりと残し、余分な在庫は在庫買取や在庫処分してしまうことを

おすすめします。
税金を無駄に払わずしっかりと節約したいのであれば

決算期末にはできるだけ在庫を減らしていかなければ負担が

大きくなる可能性も出てきます。

 

では在庫を減らすために色々な方法が挙げられますが

決算に基づいてセールをしたり

セールに関してはよくみられるのですが

正直、LikeCompanyではお勧めは出来ません。

確かに安く売ることによって費用対効果はみられ

知名度、ブランドなどの認知度も上がったり

するかもしれませんが時には諸刃の剣と化すことが

ほとんどです。

まず、安く売ることによってブランド力の低下、セールによって売れ残ってしまえば

在庫は適正ではない価格のまま次に販売しなければ売りにくくなり、しかも

決算時期を過ぎれば税金が乗っかってくるので

デメリットが多いように思えます。

 

LikeCompanyでは在庫、商品の未来も見据えたうえで

在庫買取、在庫処分させて頂きますのでご安心下さい。

 

在庫買取、在庫処分のことならLikeCompanyまで

まずはご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP