在庫買取、処分は決算前に行うべき理由

法人在庫処分、在庫買取なら株式会社LikeCompanyへ

075-874-2490

〒615-0864 京都府京都市右京区西京極新明町3
ネットワークジャパンII1F

営業時間:9:00~18:00

lv

在庫買取、処分は決算前に行うべき理由

在庫買取、在庫処分について

2019/04/04 在庫買取、処分は決算前に行うべき理由

在庫買取、処分は決算前に行うべき理由

 

 

企業、法人、メーカー様によっては様々ですが中間決算や、期末決算など

1年に2回決算があるところが多いのですが

小売店など経営されている業者様などは

決算時にセールなど用いて開催されています。

この決算時のセールは主に集客であったり、1年や半年で残った在庫処分という目的があります。

そもそもなぜ、多くの店舗が決算前に在庫処分を行うのか?

半期。期末など決算期に在庫処分を行うメリットを少し説明していきます。

 

握手

 

一番大きいメリットとしてはまず、在庫処分することによって節税にもなります。

大きな企業様になればなるほど掛かってくる税金が膨大になってきます。

売上総利益 = 売上高 - 売上原価という計算式で成り立つのですが

計算式の中の原価とは、売上原価=期首在庫+当期仕入高―期末在庫という

計算で算出されます。

 

実際、期末在庫が大きくなると、売上原価が低くなり、売上高が変わらない状態でも

売上総利益が大きくなることになります。

在庫は試算上、利益として計算に含まれますが

利益率が大きくなればなるほど、税金が多くかかってしまいます。

在庫を減らすことができれば税金も減ることになり、節税になってくるということです

在庫が、来期で売りきれる商品であれば、在庫として保管していても大きな問題はありません。

しかし、食品などの長期保存が難しいものであったり、

流行に左右されるようなアパレル、特にファッション系であったり、

季節ものであったり、在庫として残すのに難しいものが多数存在いたします。

そういったものは必ず決算前に在庫処分を行うことが望ましいです。

売れないかもしれないというリスクを来期に持ち越し、在庫を保管するというのは

正直、お勧めは出来ません。様々なデメリットを抱えながら来期を向かえ、

気づいたときには手遅れになり、負債を抱え倒産など

数多く存在します。

 

後悔しないためにも残ってしまうような在庫はすばやく

在庫買取、在庫処分することをお勧めします。

 

LikeCompanyではそういったご相談を数多くお聞きし

対応してきました。

在庫買取のプロが救済いたします。

まずは在庫買取、在庫処分はLikeCompanyまで

 

 

 

 

 

株式会社Like Company(ライクカンパニー)

住所 〒615-0864
京都市右京区西京極新明町3 ネットワークジャパンⅡ 1F
営業時間 9:00~18:00
定休日 土日祝
電話番号 075-874-2490
URL https://likecompany.jp

TOP